看護師のダブルワークについて

看護師がダブルワークを希望する理由はさまざまですが、収入を上げたいというのが一番多い目的でしょう。
中にはいつもと違った職場で1日仕事をするのは、逆にストレスの発散になって、精神的に良い上にお小遣いにもなると考えている人もいます。
少しでもスキルアップしたくて、たくさんの現場で働きたいと思っている人もいます。

単発派遣が一番使いやすい

そうしたダブルワーク希望者は、単発派遣が一番使いやすい仕事だと感じているようです。
当然休日に行うわけですから、本業に影響のない程度の仕事を選ぶ必要があります。
都合に合った仕事を選ぶには、曜日の指定や時間の指定が細かく出来る案件を探したほうが良いでしょう。
求人のほうも、最近ではそうしたダブルワーク歓迎の職場が増えてきたり、細かく希望を聞いてくれる案件もかなり増えています。

人気なのは巡回健診

人気なのは巡回健診ですが、人気のためにすぐに埋まってしまいます。
その他には介護施設での求人がとても多く、難しい業務でなくても看護師の資格を持たなければ出来ない業務が山ほどありますので、ブランクの長い人などが複数掛け持ちするには良い選択肢でしょう。



絶対にやってはいけない事

絶対にやってはいけないのは、公務員にあたる常勤の看護師がダブルワークをすることです。
老健などで勤めると公務員扱いですから、自分の立場は確認しておきましょう。
また、ダブルワークを良く思わない病院などもあります。
バレるのではなどとビクビクしながら働くのは嫌ですよね。

ダブルワークでの注意

ダブルワークで注意が必要なのは、なんと言っても体調です。
気持ち的には全然大丈夫だと思っていても、身体には堪えているという場合があります。
とても若いうちならおそらく大丈夫だとは思いますが、後々になって治らないくらい腰椎が悪くなっていたなどということにもなりかねませんから、疲れだけでなく関節や筋骨にも注意を払って下さい。

本来は、単発業務をしなくても本業でしっかり収入があれば良いのですが、あまりお金にばかり気を取られて人生に悪影響を及ぼさないようにしてください。

ダブルワークに最適な単発(スポット)派遣

看護師に単発(スポット)派遣があるというと、実態を良く知らない人にはあまりピンと来ないかもしれません。
でも実際には求人もありますし、受ける方にも多大なメリットがあります。
そして、超えなければいけない壁がある場合もあります。
看護師の単発(スポット)派遣の実態について調べてみましょう。

医療関係の現場の人員不足は慢性的なものですので、いつでも看護師の求人はあります。
本当に猫の手も借りたいという状態ですので、例えば結婚退職した人や、なんらかの事情でしばらく医療から離れている人の手も借りられないかという話になります。
ただ、実際に医療現場で働くには多少のブランクでも業務に支障が出てしまう場合も少なくありません。
特に医療は日進月歩ですから、最新の知識がないとすぐについていけなくなってしまうのです。

そこで、単発派遣やアルバイト看護師などで、久しぶりの現場に慣れるという意味も込めてスタートする人がいます。
まだ子育て中の人もいるでしょうから長い時間は働けませんし、永らく現場を離れている人もいますから、技術が落ちてしまった分少しずつ勘を取り戻して行くには丁度良い条件になるでしょう。
難しい話ですが、実務を重ねない限り腕は上がりません。
せっかくの資格があっても、家に持っているだけではあまり役に立たなくなってしまうのです。

あまりブランクが長いと、アドバイザーに相談しても健康診断の仕事などは紹介してもらえる案件に入らないという場合もあります。
採血などは非常にスピードを求められ、高いお金を払って来ているお客様を待たせるわけにはいかないというわけですね。
そうした場合、多いのは介護施設や巡回入浴などの仕事のようです。

単発派遣を選ぶ看護師は、家事や子育てと両立させたいと思っている人が大半なようですが、退職する時に自分が後々看護師として働く希望があるのであれば、あまりブランクは長くせず早めに復帰したほうが選択肢は広がると言えます。

常勤と派遣の掛け持ちのメリット・デメリット

実際にダブルワークを行っている、行ったことがあるという看護師の方の意見から、看護師が常勤と派遣の掛け持ちをする時のメリットやデメリットを探ってみましょう。
看護師という仕事ならではのメリット・デメリットがありますので、なかなか他の職業の人にはわからないことも多いです。

まずメリットですが、やはり看護師という資格はとても有効なものですので、例え派遣であってもアルバイトであっても時給は高くなります。
あまりないかもしれませんが、どうしても常勤の他に夜も仕事を入れたくて、他の仕事でアルバイトをするというくらいなら、看護師として夜勤の仕事をしたほうがよほど収入が良いと言えます。
また、週に何日かしか行かない現場なので、周りの看護師と打ち解けるには時間がかかるとも言えますが、反対に言えば割り切って人間関係の構築は無理に行わなくても良いという考え方も出来ます。
そう思えば、気楽な面も多いですね。

ただ、デメリットとしてはやはり体力的な心配や、突発的な状態の急変に対応しなければいけないという点です。
特にダブルワークで多いのは夜勤の仕事ですが、状態を把握していない場所での夜勤となると、どの患者にどんな注意が必要かを記録だけで理解するしかありません。
介護施設などであればどの患者さんがどういう状態か、看護記録がきちんとしていないと把握が難しくなりますし、どれくらいの人数にトイレ介助が必要かによっても大変さが大きく変わります。
突発的なことが起これば完徹ということも当然有り得ますが、問題はその後に常勤の仕事が控えているような場合もあることです。
一睡もしないまま通常勤務、果たしてきちんと仕事が出来るでしょうか?
看護師の仕事のあらゆるリスクは、本人の体力や気力を超えたところにありますので、あらかじめ備えることが難しいのです。

そもそもどうして掛け持ちをしなければいけないのか、そこからもう一度考えてみる必要も出て来るかもしれませんね。